2015-10-22 00:28:59

安さと無料Wi-Fiスポットが強み ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE 特徴・評判まとめ




特徴


Wi-Fiインフラが本業の会社のMVNOです。全国40,000か所のワイヤレスゲートWi-Fiスポットを無料で利用できるのが強みです。プランも月額480円から利用でき通話付でも1,204円とリーズナブル。専用アプリが通信容量のコントロールやWi-Fiスポットの自動接続などブラウザを使わず設定が可能です。


料金


・初期費用 3,000円(ヨドバシカメラ、ビックカメラで購入)

・料金プラン
サービス名プラン名月額料金基本/最高速度通信量
480円プランSMS機能なし445250kbps
SMS機能付き584250kbps
920円プランSMS機能なし852200kbps/LTE3G
SMS機能付き991200kbps/LTE3G
1,380円プランSMS機能付き1278200kbps/LTE5G
2,480円プランSMS機能付き2297200kbps/LTE8G
5,490円プランSMS機能付き5084200kbps/LTE10G
音声+250KbpsSMS機能付き1204250kbps
音声+3GデータSMS機能付き1574200kbps/LTE3G
音声+5GSMS機能付き2130200kbps/LTE5G
音声+8GSMS機能付き3241200kbps/LTE8G



・通話料
通常料金:20円/30秒


通信制限


1.基準データ通信量を使い切った場合
2.P2P、短期間かつ大容量のダウンロード
制限速度:250kbps以下


回線


ドコモ


その他オプション


・追加チャージ
200MB/500円

・SMSオプション
150円/月

・転送電話
無料

・迷惑電話ストップサービス
無料

・留守番電話
400円/月

・キャッチホン
300円/月


解約料


・最低利用期間
なし

・MNP転出手数料
11,000円


支払方法


クレジットカード支払い


月額480円から利用できる


最低のプランで月額480円から利用できます。速度は250kbpsですが無料でワイヤレスゲートWi-Fiスポットが使えるので外出先でもこれを利用し高速通信が可能です。


専用アプリで通信容量をコントロール


ワイヤレスゲートでは専用アプリが用意されています。これで高速通信容量の残量確認、高速通信のON/OFF、Wi-Fiスポットの検索、Wi-Fiスポットの自動接続、オンラインサイトの自動ログインなどブラウザを使用せずアプリでコントロールできます。iOS、Androidで使用可能です。


通信量を節約できる高速通信ON/OFF機能


ユーザー自身で通信速度を高速・低速に切り替えることができる機能です。高速通信時は容量を使用し高速で通信し、低速時には容量を使用せずに200kbpsの通信速度で通信します。これを使用することで高速通信の必要のない場合や容量を節約したい時など使用する通信容量をコントロールすることできます。専用アプリで利用可能です。


大容量プランがあり


ワイヤレスゲートは8G、10Gと大容量に対応したプランを用意しています。5G以上の場合SMSが付いています。外出先で動画など頻繁に見る方はオススメです。


ワイヤレスゲートWi-Fi


全国40,000か所のワイヤレスゲートWi-Fiスポットを無料で利用できます。マクドナルド、スターバックス、ルノアール、大手交通機関など外出時でも通信容量を使用せず高速通信が可能です。Wi-Fiスポットが専門の会社だけあってかなりの数です。


評判


・最低のプランで月額480円
・通話付で1,204円とリーズナブル
・最低利用期間なし
・容量の繰り越しができない
・プラン変更できない

なんといっても月額480円から利用できるというのが魅力です。また全国40,000か所のワイヤレスゲートWi-Fiスポットを無料で利用できるので外出先でも高速通信できる場所が多いのも特徴です。容量の繰り越しができない、プラン変更はできませんが最低利用期間なしなのがうれしい点です。Wi-Fiスポットが強みなので意外と使えるかもしれません。


このエントリーをはてなブックマークに追加 00:28:59